あなたのメンタルヘルスは大丈夫?うつ病診断のススメ

0から分かるメンタルヘルス

メンタルヘルスとは

心の病気のケア

心の病気のケア

メンタルヘルスとは最近では特に重要されるメンタル「こころ」、ヘルス「健康」を表し、こころの健康状態のことをいい、この健康が乱れ不全になることで心の病気になり、軽度なものから重篤な症状まで様々な症状があると考えられており、同じ疾患であってもその状況や心に抱える問題によって治療方法も変わり、複数の治療方法があると言われています。
精神疾患に分類され年齢に関係なくまた性別も関係なく誰の生活の中にも身近に存在する病気であり、場合によっては社会生活や日常生活に支障をきたすこともあり、メンタルヘルスを十分に考え事前に理解する必要があり、身体的に変化がおこるわけではないので周囲の人に理解されることは難しいのも特徴であるため自分の身近な人が心の不調があるにも関わらず無理をさせてしまうこともあるので、正しい理解と知識が必要になります。
日本では非常に多いと言われているのが心の風邪と表現されるうつ病が代表的でもっとも知られている精神疾患になり、国内には分かっているだけででも100万人以上患者数がいると言われており、現代はストレス社会と表現されストレスと切り離して生活することは難しく日々増加の一途を辿っていると言われているため最初に述べた通り正しい知識や理解をもつ必要があります。
特徴的な症状には抑うつ状態や思考力や意欲の低下が見られるようになり、心の病気ですが身体的に症状が現れることもあり、身体的症状には気づきやすいので精神的な症状が隠れていまい、自分がうつ病であることに気づかないこともあります。
また軽度であればすぐに治療することで回復し社会復帰することも可能ですが、症状が重度になると自殺を計画したり実際に実行してしまうケースもありうつ患者の自殺率は15~25%といわれ、きちんとした心のケアを受けなければなりません。
ケアと合わせて重要になるのが心の負担を減らしてあげることも必要になるので十分な休養をとり心を休めることも大切になるので無理せずゆっくり治療を進めていきましょう。